2018年03月22日

湿潤療法の歴史

以前もおはなししていた湿潤療法の続きです。

 

湿潤療法ってなんぞや?

 

 

ところで、昔って湿潤療法なんてなかったですよね。

 

皆さんは子供の時にどんな治療してましたか?

 

 

自分は・・・

かさぶたになるのをまつ

 

絆創膏を貼る

 

赤チンをつける

 

アロエを塗られる

 

父が口に含んだ日本酒を吹きかける

 

タイガーバームを塗る

 

 

などでした。

 

今見ると笑っちゃいますけど、正直真面目な話です。

 

 

でも、どうしてこういう治療をしてきたかと言うと、

 

「傷の治療には乾燥が大事」

 

ということが考えがあったからなんですね。

 

 

これは古典的乾燥療法といって、最初に言い出したのはヒポクラテスと言われています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒポクラテス

 

紀元前の話ですよ、すっごい古いですね。

 

でも、この乾燥療法が本当にヒポクラテスが言ったのかどうかは不明な点もあるそうです。

ヒポクラテスの言ったことが間違って伝わったとも言われています。

 

 

そして時代は大きく飛びますが、18世紀からは、戦争の影響もあって、たとえば火薬などでダメージを受けたものは早めに取ってしまうことが生き残るためには必要という「デブリードメント」という考えも出てきました。

 

その後、細菌や微生物というものがわかってきました。

 

ばい菌というものがいて、それが感染や化膿を引き起こしているということがわかってきたんですね。

 

 

このころは、傷を治すためには、とにかくばい菌を抑えることが大事だという考えが強くなっていきました。

 

だから乾燥させて、消毒薬をバンバンかけるっていうのが主流だったんですね。

 

そこから湿潤療法へどうやって変わっていったかというと、やけどの治療が大きなきっかけでした。

 

1942年にココナットグローブ火災という大きな火事が起きました。

 

http://p.booklog.jp/book/8921/page/306240クリックすると別のサイトに飛びます

 

ここでCOPEという医師は何百人のやけどの患者さんを見ることになりました。

そこで、

「やけどの水ぶくれ取って、乾燥させた方がいいって言われてたけど、こんなにたくさんの患者さんの水ぶくれ取れないよ・・・」

 

「あれ、水ぶくれ取らないでいたら、こっちの方が治りよくない??」

 

 

 

そして1962年、動物実験で、湿潤環境のほうが傷の治りが早いという報告がでました。

 

ですのでこの湿潤治療は、

Moist Wound Healing

とか

Advanced Wound Care(先進的創傷ケア)

などと言われます。

 

その後、Wound bed preparation(母床形成)や、TIMEコンセプトという理論が出てきていますが、この辺りはまた今度で。

 

 

しかし、自分が赤チンとか使われてた頃は、湿潤療法という考えが出てきてから10年以上たった頃です。

 

そして自分が医者になった頃だって、まだ乾燥させるとか、消毒をバンバン使うって考えは一般的でしたね。

 

日本の創傷治療って遅れていたんですね。

 

 

でもどうしてこんなに遅れるかというのも理由はあると思います。

 

 

長くなりましたので、他の話はまた今度で。

 

 

 

 

 

当院は完全予約制ですが、

怪我ややけどなどの緊急の患者さんの診察は可能です

その際は必ずお電話でご連絡ください

 

なお、混雑状況によってはお待たせする場合もございます

ご了承いただければ幸いです

 

 

 

関連ブログ

やけどの初期治療 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1455

怪我の初期治療  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1443

出血を止める方法  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1498

湿潤療法  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/429

ハイドロコロイド製剤について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1539

https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1505

やけどの処置  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2182

フィブラストスプレーについて  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2275

傷と創の違い  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1422

傷跡のケア https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1852

低温熱傷  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/501

怪我をしたら何科にかかるか?  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1476

擦り傷の治療について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2186

バイオイル について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1872

ステイプラーについて https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1825