2017年08月26日

高校時代 特に寮生活

今回は前回の続きです。

前回は結構前ですけどね。

 

高校入学

 

 

 

ここでは自分の高校時代についてお話ししたいと思います。

 

 

皆さんはどんな高校時代おくってましたか?

 

勉強に打ち込む日々?

 

部活に打ち込む日々?

 

それともアルバイト?

 

そして彼氏や彼女との甘酸っぱい思い出ですか?

 

 

 

 

自分ですか?

 

 

そんなヌルイ思い出なんかありません

 

 

涙流しながら…

 

屈辱で唇を噛み締めながら…

 

今もまだあの時の過ぎ去った思い出を毎日後悔する日々です。

 

 

 

自分の高校時代。

 

それは男子寮です。

 

お湯の出ない、垢だらけの風呂です。

 

食事は何故かいつも丼飯でした。

 

門限は6時でした。

 

外出は必ず制服でした。

 

 

毎晩2時間勉強時間というものがありました。

 

 

 

そしてマージャンの日々です。

 

 

そこのお嬢さん、引かないでください。

 

今も昔も男子寮に住む男子高校生の本質は変わりませんよ。

 

イケメン♂パラダイスとか、あんな世界はないですよ。

 

マージャンと、トランプと、桃鉄と、

夜中に食べるカップラーメンとパナップのことしか頭にありませんでしたね。

 

みんなで毎日、寮監から隠れて徹夜マージャンやって、昼間の授業はほとんど寝てましたね。

 

ホントにろくな高校生活ではありませんでした。

 

 

マージャンしながら、窓から見える女子寮の中を妄想しすぎておかしくなりそうでした。

 

 

うちの寮の名前、聖修館でしたが、

 

性臭館

 

 

でしたね。

 

すいません、ちと下ネタに流れてますね、

 

 

長野市から佐久高校まで、医者になるために寮生活まで決めた結果がこれでした。

 

 

お母さんごめんなさい。

 

 

ちなみに寮生活はマージャン禁止でした。

 

マージャンが見つかると、担任のミヤジが寮にやってきて、ぶん殴られて家に強制送還です。

 

家ではシュンとして、親に報告です。

 

まあ何回捕まって、何回殴られたかわかりませんね。

 

もちろんですが、マージャンは1人では出来ません。

 

最低でも4人は捕まります。

 

殴られるときは大体4人以上です。

 

1人目がミヤジにぶん殴られて、あまりにもその威力が凄すぎて、1人目が部屋の奥へ飛んでったときは、

 

 

廬山昇龍波かと思いました。

 

 

「やべー、ミヤジ今日はマジだ」

 

 

我々はビビりました。

 

 

ですが、そんなミヤジの思いをしっかり受け止めなくてはいけないと、残った我々は歯を食いしばりました。

 

 

我々は昇龍波を受け止め、その場になんとか踏みとどまりました。

 

地上に踏みとどまりました。

 

 

まあその後、長野市の実家には飛ばされましたが。

 

 

その後1週間くらいは、実家から片道2時間くらいかけて通うんですね。

 

 

いい思い出だなあ。

 

 

寒かったなあ。

 

母は絶対に駅まで送ってはくれなかったなあ。

 

 

聖修館の風呂くらい冷たかったなあ。

 

聖修館の風呂はさらに臭くて、たまに蛾とか浮いてたなあ。

 

 

そんな俺の高校生活でした。

 

 

なんか伝わったのか、この文章で?

 

佐久高校万歳🙌