きずときずあとのクリニックのオフィシャルキャラクター紹介 | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

きずときずあとのクリニックのオフィシャルキャラクター紹介

医療業界をはじめとした形成外科医療にベンチャー精神を持ってリスクを恐れず新しいことに常に挑戦し続ける彼の名は「キズペン」

豊洲の海に生息しており「世界中のけが、やけど、傷跡で悩む人に、形成外科医療を通じて、勇気と安心、笑顔を届ける」そのために、きずときずあとのクリニック豊洲院のスタッフと共に挑戦し続けている。

きずときずあとのクリニック豊洲院の村松院長が掲げるミッションと理念が具現化した姿である「傷痕いえる」

クールな雰囲気もある彼だが、おっちょこちょいだったり泣き虫だったりと色々な一面もあったりします。WEBの世界でリストカット跡や傷跡に悩んでいる多くの人にきずときずあとのクリニック豊洲院を知ってもらう為の活動をしています。

著作権等、当院データの保護について


医療法人社団 CRS きずときずあとのクリニック豊洲院(以下当院)のサービスを通じて提供される全てのコンテンツ(画像、文字、ロゴ、アイコン、動画、音声等)及びその編集物は、当院または当院にその利用を許諾した権利者の財産です。これらは各国の著作権法及びその他の知的財産に関する法令によって保護され、また例え著作権法及びその他の知的財産に関する法令により保護されないものであっても、当院の活動上の利益に寄与する一切のものについては、当院が法令上の権利を有します。

当院は当院による明示的な許諾がない限り、当院のサービスを通じて提供される全てのコンテンツ及びその編集物について、第三者による複製等一切の利用及び、クローラーなどのデータ収集・抽出ツールの使用、データマイニング等の行為を禁止致します。