けが | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

けが

「転んで擦りむいた」「包丁で指を切った」などの「けが(外傷)」は、日常生活の中でも予期せずに起こるものです。

ご本人はもちろん、大切なご家族などがけがをした時には、不安な気持ちになってしまうものですが、けがの回復を早め、傷をきれいに治すためには、初期の治療が非常に重要です。

落ち着いて適切な応急処置を行い、傷の状態が心配な時には、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

当院では、「将来的な傷跡がきれいになるよう」に治療を行います。けがややけどでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

「けが(外傷」とは

けが(外傷)とは、外から加えられた何らかの力が原因で、皮膚などの組織や臓器が損傷を受けた状態です。形成外科である当院では、手足や顔などにできた「創傷(きず)」の治療を専門に行っています。

皮膚表面のごく浅い傷であれば、2週間程度で跡を残さずに治りますが、傷が表皮よりも深い真皮に及んでしまうような場合には、血管や神経、腱、臓器などに損傷を伴うこともあり、治った後には傷跡が残ります。

傷の治療は、けがの種類や部位、面積、重症度、感染の有無などによって処置の内容が異なります。当院では、診察時にけがの原因や傷の状態を正確に把握し、患者さんお一人お一人の状態に合わせ、適切な治療を行います。

※骨折などの重症のけがは、周囲の連携医療機関に紹介させていただく場合もございます。

早期治療の重要性

けがの治療で最も大切になるのは、「初期の治療」です。

けがをした後、速やかに適切な治療を開始することができれば、傷は順調に回復し、あとに残る傷跡も、目立ちにくいきれいな傷跡にすることが可能です。

反対に、処置が遅れて傷口が細菌感染を起こしてしまうと、治療には長い時間がかかる上、ケロイドや肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)*1ができたり、傷跡が色素沈着したりして、目立つ汚い傷跡になる場合があります。

*1ケロイド・肥厚性瘢痕……傷跡が赤く盛り上がった状態で、痛みや痒みを伴う場合もあります。

また、傷跡の部位によっては、傷跡が引きつれ(瘢痕拘縮:はんこんこうしゅく)、運動に支障をきたすケースもあるため、けがをした時は、できるだけ早く適切な処置を受けることが重要です。

「けが(創傷)」の種類と応急手当

おもに日常生活の中で起こる「けが」には、以下の5つの種類があります。

切り傷(切創:せっそう)

ナイフや包丁、ガラス片、紙など、鋭い物に触れることで皮膚が切れた傷です。

傷が深いと、出血量が多くなり、神経や腱、血管などを損傷する場合があります。また、屋外でのけがは細菌感染を起こし、化膿する恐れもあります。

≪応急処置≫

細菌感染を防ぐため、水でよく洗った後、患部を清潔なガーゼで押さえながら5分程度圧迫し、心臓より高くして止血を行います。出血が止まらない時や、傷が深い・大きい場合などは医療機関を受診しましょう。

すり傷(擦過傷:さっかしょう)

転倒などにより、皮膚が擦れてできる傷です。

比較的、浅い傷が多いですが、屋外でけがをした場合、感染の恐れがあるほか、傷口に付着した砂やゴミ、アスファルトなどが皮膚に残り、目立つ傷跡(外傷性刺青)が残ることもあります。

≪応急処置≫

付着した砂や土などの汚れを落とすため、傷口を水で良く洗い、清潔なガーゼを当てて止血をします。傷の面積が大きい時や傷口の汚れが残ってしまう時などは医療機関を受診しましょう。

皮膚が裂けた傷(裂挫創:れつざそう)

転倒や交通事故、スポーツなどで何かにぶつかり、皮膚が裂けた傷です。

強い力が加わることから、腫れや皮下出血(青あざ)を伴うのが特徴です。けがの部位によっては骨や神経などを損傷するケースもあり、重症の場合、皮膚が欠損もしくは壊死(えし)*2することもあります。

*2壊死……一部の皮膚組織が死んでしまうこと。

≪応急処置≫

傷口に土などの汚れが付いている場合は、水で十分洗い流します。腫れが強い場合や出血が多い場合などは、傷口をしっかり圧迫して至急、医療機関を受診しましょう。腫れや痛みが強い場合には、ビニール袋に氷を入れ、タオルで包んだもので冷却すると、症状を和らげることができます。

刺し傷(刺創:しそう)

針やクギ、木の枝、鉛筆の芯など、尖った物が皮膚に刺さった傷です。

傷口自体は小さくても、傷が深くまで及んでいる場合があり、部位によっては血管や神経、臓器などの損傷を伴うケースもあります。

刺さった物の一部が皮膚の中に残ってしまった場合は、麻酔をして摘出手術を行います。また、古いクギなど、刺さった物にさびや土などが付着していると、破傷風の危険性もあります。

≪応急処置≫

トゲなどの小さくて浅い傷は、トゲを抜いた後、流水で良く洗います。深い傷の場合には、刺さった物を抜く時に多量の出血をすることがありますので、自分では処置せず、至急医療機関を受診しましょう。

咬み傷(咬傷:こうしょう)

ヒトや動物などに咬まれた傷です。

歯や牙などには大量の細菌がおり、傷口から皮膚組織に細菌が入ると感染を起こす可能性があります。傷の程度に関わらず、感染を防ぐための予防処置(抗生物質の投与や破傷風の予防接種など)が必要になります。

≪応急処置≫

流水で5分以上しっかり洗い流した後、清潔なガーゼなどで傷口を圧迫します。細菌感染のリスクがありますので、傷の大きさを問わず、至急医療機関を受診しましょう。

「けが」の治療法

当院で行うけがの治療法にはおもに以下のような種類があります。

傷の種類や状態によって適切な治療を選択します。

外用療法

傷口に外用薬(軟膏)を塗って治す治療です。

傷の治療に使用する外用薬には、「肉芽形成促進薬(傷の治りを早くする)」「抗菌薬(細菌に感染した傷や、感染を予防する)」「保湿薬(傷の保護)」などがあり、傷の状態に応じて使い分けます。

湿潤療法(モイストヒーリング)

傷を消毒したり、乾燥させたりせずに、適度に湿った状態に保つことで、傷の回復を助ける治療法です。

傷には、本来、自己修復作用があり、傷から分泌される「滲出液(しんしゅつえき)」には傷を治すための成分(サイトカイン、成長因子)が多く含まれています。 ワセリンやくっつかないガーゼ、ハイドロコロイド剤(キズパワーパッド)*3などを使用して、滲出液で適度に湿らせた環境を作ることで、傷の治りを早めたり、傷跡を残りにくくしたりする効果が期待できます。

傷口にガーゼが貼り付かず、消毒薬も使用しないことから、治療時の痛みを軽減できることも患者さんにとって大きなメリットです。

*3ハイドロコロイド剤……湿潤療法用の被覆材(ひふくざい:傷を保護するもの)で、水分を吸収する「ハイドロコロイド粒子(親水性ポリマー)」が、傷口から出る滲出液を吸収して保ち、傷の回復を早める効果があります。また、乾燥による神経への刺激も抑えることができるため、傷の痛みの緩和にも効果が期待できます。

なお、傷口に砂などの異物が付着している擦り傷は、十分洗浄し、あらかじめ異物の除去などを行ってから湿潤療法を行います。また、感染の可能性がある咬み傷などは、密閉することで細菌が増殖する恐れがあるため、湿潤療法は行いません。

手術

傷口が開いている切り傷などには、麻酔をして傷口を縫い合わせる縫合手術を行います。

形成外科では、表皮の下にある真皮部分を縫い合わせる「真皮縫合」などを行うことで、将来的な傷跡ができるだけ目立たなくなるように工夫します。

(お子様の顔のけがなどは、縫合せずに、医療用テープや接着剤などによる治療を行う場合もあります。)

また、打撲などで裂けた傷(裂挫創)で、皮膚が壊死してしまった場合などは、傷んだ部分を手術で切除した後(デブリードマン)、皮膚移植を行うこともあります。

局所陰圧閉鎖療法(きょくしょいんあつへいさりょうほう)

スポンジやシート状の被覆材で傷を密閉し、専用の装置で空気を吸引(陰圧)する治療です。

傷の回復に必要な浸出液も、多すぎてしまうと逆に治りが悪くなることから、陰圧をかけて浸出液の量をコントロールし、適切な湿潤環境を保ちます。

おもに傷が深く、治りにくい重症のけがに行う治療で、傷の治りを助ける効果が期待できます。

ただし、感染を起こした傷の場合、密閉することで細菌が増殖してしまうため、生理食塩水などで傷を洗いながら陰圧をかけるというような特殊なケースもあります。

局所陰圧閉鎖療法は、通常、入院して行う治療ですが、当院では外来でも行うことができます。

治療の流れ

01 問診

けがの状況をお伺いし、傷跡の状態を確認した上で、治療の流れやおおまかな治療期間、予想される傷跡の状態などをお伝えします。

必要な処置の内容は丁寧に説明を行い、患者さんにご納得いただいた上で治療を行います。 分からないことや不安な事などがありましたら、医師やスタッフにお気軽にご質問ください。

02 検査&治療(処置)

けがの状態に応じた処置(洗浄、外用薬塗布、縫合、保護など)を行います。
必要に応じて、感染の有無などを調べる検査を行う場合もあります。

※骨、神経などへの損傷が疑われる場合には、連携病院に紹介させていただく場合もあります。

03 通院&自宅でのケア

通院は多い場合でも週に2回程度です。通院日以外はご自宅にて患者さんご自身でケアを行っていただきます。(自宅で行う処置の方法は、医師やスタッフが丁寧に指導いたします。)

04 アフターケア(傷跡の治療が必要な場合)

傷が回復し、残った傷跡が気になってしまうような場合には、ご希望により、傷跡を薄く・目立たなくする治療を当院で継続して受けていただくことが可能です。

※傷跡の治療には、内服薬や外用薬の塗布、手術やレーザー治療などがあり、おもに自費治療となります。治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。

当院の治療の特徴

けが(けが、やけど、傷あと)に特化した治療を実施

当院は、全国的にも珍しい傷や傷跡治療を専門に行うクリニックです。

大学病院や海外などでの長年の治療実績があり、治療は必ず形成外科専門医が担当します。

患者さんの気持ちに寄り添い、できるだけ痛みの少ない治療を心掛けます。

将来的な傷跡をきれいにする治療を実施

けがの治療を始める時点で、後に残る傷跡はある程度予想できます。 当院では、ただけがを治すのではなく、「できるだけ将来的な傷跡をきれいにする」ことを目標に治療を行っております。また、将来的に問題となる傷跡が残ってしまった場合も、引き続き、当院で治療が可能です。将来的な傷跡がご心配な方はぜひ一度、ご相談ください。

周囲の大規模医療機関との連携

骨折が疑われる場合や、筋肉や血管、神経などに損傷を伴う重症の場合には、速やかに昭和大学江東豊洲病院をはじめとする連携医療機関へご紹介させていただきます。

傷が回復した後に傷跡の治療を希望される場合は、当院で再度治療を受けていただくことも可能です。

自賠責保険、労災保険にも対応可能

当院は、保険診療はもちろん、けがの原因に応じて、「労災保険*4」や「自賠責保険」にも対応しています。当院は、労災保険指定医療機関であるため、お手続きがスムーズで、原則、無償で治療を受けていただくことができます。

また、自動車事故によって起こるけがで「自賠責保険」を使用される場合のお手続きに関してもご相談ください。

*4労災保険……通勤途中や業務中に起きた病気やけがなどに対して保証される制度です。労災指定医療機関以外で治療を受けた場合、治療費の一時的な自己負担が発生し、清算などの手続きが必要になります。

よくある質問

診察の予約は必要ですか?

当院は、基本的に完全予約制ですが、緊急の場合、診察時間内であれば予約がなくてもお受けいたします。来院される時には、あらかじめお電話による連絡をお願いいたします。
また、ご予約状況によっては、お待ちいただくこともございますのでご了承ください。

どのような「けが」を見てもらえますか?

一般的な「けが」や「やけど」であれば、ほとんど当院で診察することが可能です。
ただし、レントゲンやCTなどの検査が必要になる場合や、医師が重症と判断した場合には、連携病院を紹介させていただくこともあります。まずはお電話でご相談ください。

けがをした時の受診の目安は?

けがには、軽いものから重いものまでさまざまな状態があり、受診するべきか迷う場合も少なくありません。
基本的に、「傷が深い・大きい」「傷が開いている」「出血が止まらない」「傷が汚れている」「異物が残っている」「感染の恐れがある」時などは、受診することをおすすめします。
ご自身での判断に迷うような場合には、まずはお電話でご相談ください。

自宅でのケアに不安があります……。

当院では、毎日の生活を変えることなく、自宅でしっかり処置を続けることが、回復の近道になると考えているため、通院は多くても週2日としております。
通院日以外の処置は基本的にご自宅で行っていただくことになりますが、スムーズに処置が行えるよう、丁寧に指導とフォローを行いますのでご安心ください。

院長からひと言

けがは誰にでも起こることです。将来的な傷跡について悩まれることも多い一方で、一般的な医療機関ではそこまで考えられることは少ないのが現状です。

傷跡を消すことは現代の医学では不可能ですが、将来的に傷跡を綺麗にすることは可能ですので心配な方はご相談ください。

記事執筆者

院長村松英之
きずときずあとのクリニック豊洲院院長 村松英之

資格

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
小児形成外科分野指導医