リストカット・根性焼きの傷跡に対する4つの治療法 | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

リストカット・根性焼きの傷跡に対する4つの治療法

リストカット・根性焼きの傷跡治療のポイント

治療する意義

当院ではリストカット・根性焼きの傷跡治療を「再出発のきっかけ」となる治療と考えています。

リストカットなどの自傷行為は、実は中学高校生の1割が経験すると言われる非常に多い疾患になります。ほとんどの方が、精神状態が未熟な時に大きなストレスがかかった時に隠れて行なっています。そして、それは一時的なものであり、数年で収まることがほとんどです。
傷は治ると傷跡になりますが、できた傷跡は消えません。
さらに、リストカットや根性焼きによる傷跡は他の原因でできた傷跡とは異なり、リストカットでは横の傷跡、根性焼きでは丸い傷跡といった「特有の傷跡」が残ります。
感じ方は人それぞれですが、リストカットや根性焼きの傷跡のために就職活動が不利になる、周囲の視線が気になるなど、後ろめたい気持ちを感じて傷跡を隠して生活されている方が多いことも事実です。
「自傷行為はもうしないけれど、傷跡だけは残ってしまう」という現実が、その方の人生を著しく狭めることになります。

リストカットや根性焼きの傷跡を「目立たない傷跡」、「隠しやすい傷跡」、「別の傷跡」に変えることで、これまで抱えていたつらい記憶や苦しい気持ち、周囲からの視線などの悩みが解消できる可能性があります。

  • 治療実績

2018年から3年間で来院されたリストカット跡の患者数は、1,300人を超えています。
内訳:レーザー治療650件、手術110件(戻し植皮は55人)

当院の目指す傷跡治療

現在の医療技術ではリストカット跡・根性焼きの傷跡を完全になかったようにすることはできません。しかし、リストカット跡や根性焼きによる傷跡と思われないよう、治療によってリストカットや根性焼きの傷跡を「自然なけが・やけどの傷跡」へと印象を変えることは可能です。また少しでも目立たなくする、隠しやすくすることも可能です。

当院では患者さんが生き生きとした毎日を過ごせるよう、その方に合わせた傷跡治療をご提案しています。
リストカット跡や根性焼きの傷跡に悩まれている方・コンプレックスをお持ちの方、また過去にレーザー治療を受けたが効果をあまり感じなかった方など、お気軽にご相談ください。

おすすめ治療法フローチャート

リストカット跡・根性焼きの傷跡の治療法には、「レーザー治療」「手術」があります。
当院では、傷跡の状況や理想のイメージをお伺いして、患者さんとご相談しながら、その方に合った治療法をご提案しています。
なお、リストカット跡・根性焼きの傷跡治療は、整容(身なりを整えること)のための治療となるので、保険適応が認められておりません。治療法に関わらず「自由診療(自費)」となります。

傷跡の状況や治療経験などから、以下のフローチャートでおすすめの治療法をご案内しています。

リストカット治療フローチャート
(図)おすすめの治療法

ポイントは「傷の太さと広さ」です。傷の太さと広さを次の通り定義しています。

  • 傷が太い……幅が2ミリ以上
  • 傷が広い……傷跡の範囲が腕(肘から手首まで)の半分以上

傷あとの種類と4つの傷跡タイプから、おすすめ治療法の目安をご案内しています。
※診察の結果、フローチャートの結果と同じ治療法が適応にならない場合もあります。

  • 根性焼き……切除術
  • 傷が細い・狭い……レーザー、削皮、戻し植皮
  • 傷が細い・広い……レーザー、削皮、戻し植皮
  • 傷が太い・狭い……切除術、戻し植皮
  • 傷が太い・広い……戻し植皮

傷跡治療① レーザー治療+自宅スキンケア

レーザー治療は、傷跡の盛り上がりを軽減させてぼやかすので、細いリストカット跡におすすめの治療法です。
治療には、肌再生の活性化を促す効果が期待できる「フラクショナルレーザー(パールフラクショナル)」を使用します。ただし、お肌は少しずつ新しい肌に生まれ変わるため、複数回のレーザー照射が必要となります。
また、レーザー治療の効果向上および皮膚の再生能力を助けるために、毎日ご自宅で「スキンケア」を行っていただく必要があります。

パールフラクショナルレーザー
(図)フラクショナルレーザー

傷跡の見え方: 傷跡をぼやかす
メリット: 日常生活への影響が少ない、手術よりも比較的安価、大きな合併症が少ない
デメリット: 太い傷跡には効果が少ない、治療に時間がかかる(最低5回の照射必要)、色素沈着が起こりやすい、毎日のスキンケア必須、
費用: 自由診療 ※照射範囲によって費用は異なる

レーザー治療の治療費用目安(税込み)は、以下の通りです。
レーザー治療では、1回あたりの費用がお得になる5回コースおよび10回コースもご用意しております。医療ローンも導入していますので、お気軽にお声がけください。
※下記料金表に初診料・再診料および薬剤費用は含まれておりません。

傷跡の定額レーザー治療*自費診療* 

※レーザーの施術は複数回必要となります

 1回料金5回コース
(1回あたり料金)
10回コース
(1回あたり料金)
A1コース
ロングパルスヤグ(25㎠未満)
¥13,200¥55,000
(¥11,000)
¥88,800
(¥8,800)
A2コース
ロングパルスヤグ(26㎠以上)
¥22,000¥99,000
(¥19,800)
¥176,000
(¥17,600)
Bコース
フラクショナル(10㎠未満)
¥13,200¥55,000
(¥11,000)
¥88,800
(¥8,800)
Cコース
フラクショナル(50㎠未満)
¥22,000¥99,000
(¥19,800)
¥176,000
(¥17,600)
Dコース
フラクショナル(75㎠未満)
¥33,000¥148,500
(¥29,700)
¥264,000
(¥26,400)
Eコース
フラクショナル(75㎠以上)
¥44,000¥198,000
(¥39,600)
¥352,000
(¥35,200)

※リストカット跡・根性焼きの傷跡に対するレーザー治療については、以下のページでも紹介しております。

傷跡治療② 切除術

切除術は傷跡を切り取り、1本の直線やジグザグ線の傷跡に変える手術で、根性焼きや小範囲のリストカット跡におすすめの治療法です。
「けがの傷跡」のような印象に変えるので、一見してリストカット跡・根性焼きの傷跡には見えなくなります。手術は局所麻酔をしてから行うので痛みはなく、30分~1時間程度で終了します。

切除術
(図)切除術イメージ

傷跡の見え方:けがの傷跡
メリット: 1回の治療で印象を大きく変えられる
デメリット: 術後に別の傷跡ができる、手術によってひきつれ・盛り上がりなどのトラブルを起こす可能性がある、切除範囲が小範囲に限られる、術後安静が必要
費用: 自由診療 ※切除の大きさによって費用は異なる

切除術の治療費用目安(税込み)は、以下の通りです。
なお、医療ローンも導入していますので、お気軽にお声がけください。
※下記料金表に初診料・再診料および薬剤費用は含まれておりません。 

傷跡切除手術(顔面以外)

範囲顔面顔面以外
2cm¥264,000 -
3cm¥396,000 ¥198,000
4cm¥528,000 ¥264,000
5cm¥660,000 ¥330,000
6cm¥765,600 ¥396,000
7cm¥871,200 ¥462,000
8cm¥976,800 ¥528,000
9cm-¥594,000
10cm-¥660,000
11cm-¥712,800

※リストカット跡・根性焼きの傷跡に対する切除術については、以下のページでも紹介しております。

傷跡治療 ③削皮術(さくひじゅつ)

削皮術は「炭酸ガスレーザー」で傷跡とその周りを削る手術で、小範囲の太い傷跡やレーザー治療であまり効果のなかったリストカット跡におすすめの治療法です。「やけど痕」のような印象に変えるので、一見してリストカット跡・根性焼きの傷跡には見えなくなります。
手術は局所麻酔をしてから行うので痛みはなく、15分~30分程度で終了します。

削皮術
(図)削皮術イメージ

傷跡の見え方: やけど痕
メリット: 他の場所から皮膚を持ってこなくてよい、術後安静が不要
デメリット: 傷が治るまで1か月程度かかる(その間、自宅ケアが必要)、傷跡にひきつれ・盛り上がり・色素沈着が起こりやすい、太い傷跡では複数回の実施が必要なケースもある
費用: 自由診療 ※削るサイズによって費用は異なる

削皮術の治療費用目安(税込み)は、以下の通りです。
なお、医療ローンも導入していますので、お気軽にお声がけください。
※下記料金表に初診料・再診料および薬剤費用は含まれておりません。 

削皮

範囲料金
面状瘢痕 ~10㎠¥110,000
面状瘢痕 ~25㎠¥220,000
面状瘢痕 ~50㎠¥385,000
面状瘢痕 ~100㎠¥550,000

※リストカット跡・根性焼きの傷跡に対する削皮術については、以下のページでも紹介しております。

傷跡治療④ 戻し植皮術

戻し植皮術は傷跡部分の皮膚を専用機器で薄く取って、その採取した皮膚を傷跡部分に戻す手術です。場合によって、90度回転させて戻します。
戻し植皮術は当院でのみ行っている手法であり、リストカット特有の横の傷跡がぼやけ「軽いやけど痕」のような「別の傷跡」に印象を変えることができます。手術は局所麻酔をして行うので痛みの心配はなく、手術時間は2~3時間程度です。

また、戻し植皮術は傷跡の大きさ・深さに関わらず、あらゆるリストカット跡に適応できますが、特におすすめしたいのは「お子さんがいらっしゃって傷跡に悩んでいる方」「すぐに印象を変えたい方」「レーザー治療で効果の出なかった方」です。

戻し植皮術は、同じ皮膚を使うので色の違いが出にくく、傷跡が治りやすいので、他の手術に比べて引きつれが起こりにくいです。ただし、術後3週間程度の安静を必要としており、その間に3回程度の外来通院をしていただきます。(※ご希望があれば、遠隔診療・指導も行っています)

戻し植皮術
(図)戻し植皮術イメージ


傷跡の見え方: リストカット跡には見えない傷跡(軽いやけど痕)
メリット: 傷跡の見た目を大きく変える、同じ部分の皮膚を使うので皮膚の色の違いが出にくい、特有の横方向の傷跡がなくなる、ひきつれが起こりにくい
デメリット: 術後安静が必要(約1週間は水濡れNG・その後約2週間ギブス固定)、術後に赤み・色素沈着を起こしやすいので1年程度は念入りなスキンケア必須
費用: 自由診療 ※切除範囲によって費用は異なる

戻し植皮術の治療費用目安(税込み)は、以下の通りです。
なお、医療ローンも導入していますので、お気軽にお声がけください。
※下記料金表に初診料・再診料および薬剤費用は含まれておりません。   

戻し植皮

範囲料金
面状瘢痕 ~25㎠
(小範囲)
¥440,000
面状瘢痕 ~50㎠
(肘から手首までの間で半分程度の範囲)
¥770,000
面状瘢痕 ~100㎠
(肘から手首までの広範囲)
¥1,100,000
101㎠以上の手術ご相談ください
  • 術後1年間の材料費は無料(再診料、エンビロン代金は除く)
  • 広範囲で前腕、上腕の同じ部位において、2回に分ける必要がある手術の場合、2回目は無料

※リストカット跡・根性焼きの傷跡に対する戻し植皮術については、以下のページでも紹介しております。

院長よりひと言

当院は開業後より徐々にリストカットの患者さんが来られるようになってきました。
自分は開業前の病院勤めをしていた時には、そのリストカットの理由についても理解しておらず、正直なところ否定的な目で見ていました。
しかし、現在ではさまざまな方々のおかげで、その理由や背景を理解し、戻し植皮という手術方法を得て、たくさんの患者さんに喜んでいただくことができています。
もっともっとたくさんの方を助けたいと思っていますが、まだ自分自身未熟でもあるので、スタッフの力も借りながら治療を行なっています。
リストカットは、その行為自体も辛い思いを抱えて行なわれています。
ただ、その辛さを乗り越えても、傷跡がまたその方の人生を縛り付けます。
当院がそんな方々の助けとなれば本当に嬉しいです。
決して当院はみなさんの人生や過去を責めたり否定したりすることはありません。
安心してご相談にお越しください。

記事執筆者

院長村松英之
きずときずあとのクリニック豊洲院院長 村松英之

資格

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
小児形成外科分野指導医