傷跡のケアって何が必要?2 | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

ブログ

傷跡のケアって何が必要?2

2018.09.06

台風が過ぎ去ったと思ったら、大きな地震が北海道で発生しました

 

北海道にはお世話になっている方もたくさんいるので心配です。

 

ライフラインも途絶えている地点もあると聞いています。

 

怪我などなく、みなさんの日常生活が早く戻りますように願っております

 

 

 

 

さて、本日は前回の続きです

 

傷跡のケアって何が必要?

 

前回、傷跡のケアに大事な3つのポイントをお話ししました

 

①保湿

②遮光

③保護

でしたね

 

「じゃあ、具体的にどうするんですか?」

 

「何を塗るんですか?」

 

「遮光ってテープ貼ればいいんですか?」

 

 

 

まあまあお待ちください

 

ではお教えしますね

 

 

「1日2回のバイオイルと、日焼け止め」

 

です

 

クリックすると別のサイトに飛びます

 

 

 

 

 

 

 

バイオイルってみなさんご存知ですか?

 

自分はこの製品を昔から愛用しています。

 

できてしまった傷跡には非常に効果があります

 

傷の赤みは、他のどんな製品よりも早く消えます

 

そんなに高くないのに、しっかりと効果はでる!!

さすが世界中で販売されているオイルです!

 

 

「このバイオイルを、朝起きた時と、夜風呂上がりにでも1日2回塗ってください

そして外に出るときは日焼け止めを塗ってください」

 

自分は開業してから、このバイオイルをきっと1000回くらい説明しています

 

そしてうちのスタッフもそれ以上に説明しています

 

 

 

怪我の後の傷跡の患者さんには、バイオイルばかりお勧めしています

ただ一つだけ問題があります

 

ドラッグストアでしか売ってないんですね

 

昔はクリニックで売れたのに〜!!

 

 

正直なところ、うちは日本で一番、バイオイルをお勧めしているクリニックです

 

またバイオイルについては別にお話しします

 

 

 

記事執筆者

院長村松英之
きずときずあとのクリニック豊洲院院長 村松英之

資格

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
小児形成外科分野指導医