2018年11月14日

リストカットの傷跡治療について 6

リストカット の傷跡治療について 5

 

 

前回の続きです

 

手術についてはいくつか種類があるとお話しました

1、傷跡を切除する

2、皮膚を削る

3、植皮をする

の3つにわかれています

 

前回ではきずあとの切除についてお話しました。

縦方向の切除は汚い傷跡が残ってしまうので、出来るだけジグザグの傷跡にすることをお話しました。

 

他院で、リストカットの傷跡を小さくするために、大きく縦方向に切除をされる方はよく見かけます

たしかにこれは違う傷跡にはなるのですが、

余計目立つ傷跡になってしまって、悩みが深くなってしまう方も多くいらっしゃいます

 

 

 

さて今回は

「2、皮膚を削る」

 

ということについてお話します。

 

これは簡単にいうと、傷跡を削って、やけどのあとのようにします。

 

局所麻酔で30分程度の手術です

 

 

 

 

メリットとしては

 

 

 

 

 

 

他から皮膚を持って来る必要がない

 

また、手術は簡単です

 

 

 

ただ、デメリットとしては

 

傷が治るまでに1ヶ月程度かかる

 

傷跡がひきつれたり盛り上がったりしやすい

 

太い傷跡は1回では消えないこともあり何度か行う必要がある

 

 

などです

 

 

フラクショナルレーザー と組み合わせて、太い傷跡を広いやけどのあとの様な形にすることもあります

 

 

 

 

関連ブログ

リストカットの傷跡の治療について https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2258

リストカットの傷跡治療について2 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2258

リストカットの傷跡治療について3 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2298

リストカットの傷跡治療について4 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2394

リストカットの傷跡治療について5 https://kizu-clinic.com/blog/創傷治療ヤケドや怪我の治療について/2528

リストカットの傷跡治療について7 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2582

リストカットの傷跡治療について8 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2605