リストカットの傷跡治療について 9 | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

ブログ

リストカットの傷跡治療について 9

2018.11.29

ストカットの傷跡治療について 8

今回は傷跡が広範囲の方の手術をお見せします

この方は左腕に広範囲のリストカットのある方です

今回は、できるだけ広範囲の傷跡の修正をしたいとのことでした

(ジンマー社のホームページより)

まずこのような機械をつかって、傷跡の皮膚を採取します

採取した皮膚です

この皮膚の、太い傷跡を切除したところです

この方は、4枚の皮膚を全て90度回転させて戻しました

そして縫合しました

この後にガーゼ、包帯をして、ギブス固定をしました。

そして2週間の間に4回ほど当院へ通院していただきました

10日間ほど創は濡らせませんでした

2週間後に抜糸して、ギブスを外しました。

1ヶ月程度、毎日の処置が必要でした。

それ以降は毎日バイオイル を1日に2回塗って包帯などで保護をしています

この方は手術してまだ日にちは経っておりませんが経過は良好です

現在当院では、「リストカットの傷跡に対する戻し植皮手術」のモニターを募集しております

モニター制度に同意していただいた場合、手術料金を半額にさせていただきます。

なぜこの戻し植皮に対してモニター制度を行なうかには理由がございます。

これまでリストカットの治療には確立されたものがありませんでした。フラクショナルレーザーや切除手術などが一般的ですが、お金と時間をかけても効果が出なかった人や、治療をうけて余計悩みが大きくなってしまった方も非常に多いのが現実です。

ではこの戻し植皮の手術は、そのような悩みを改善できるのか?

自分はたくさんの方の悩みを解決してくれる治療だと感じています。ただ、新しい治療でまだ一般的ではありません。手術時間も長くその後の患者さんの負担も大きなものがあります。また費用も他の治療に比べて非常に大きいものです

ただこの戻し植皮についてですが、1回の治療で大きくその傷跡が変わります。それによって傷跡を外に出せるようになった方や、リストカットと気付かれなくなり満足されている方が多いことを感じています。そして傷跡治療の世界的権威である日本医科大学の小川令教授をはじめとする、様々な大学病院の先生方が勧める治療であります

このような理由から我々はこの戻し植皮という治療が、リストカット跡の治療のメインになっていくと確信しております。しかしまだ治療を受けた方は多くはありません、非常に時間とお金のかかる治療ではありますが、今後たくさんの方に受けていただきたいと思っており、当院ではモニター制度を行ない半額で治療を受けられるようにしております

「これまでフラクショナルレーザーを受けたけど満足できる結果ではなかった」

「子供が大きくなる前に違う傷跡にしたい」

「過去の傷跡はもう見たくない」

そのような方には是非当院のモニター制度を使って治療を受けていただきたいと思います。

不安な方は、傷跡カウンセリングや、上の「お問合せ(青のタブ)」より院長へのメール相談もございます

お気軽にお問い合わせください

尚、モニター制度は予告なく終了することがございますので、その際はご容赦ください

リストカットの傷跡治療について 7

記事執筆者

院長村松英之
きずときずあとのクリニック豊洲院院長 村松英之

資格

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
小児形成外科分野指導医