2018年03月13日

怪我をしたら何科にかかる?

今日は、怪我をした時に何科にかかるかをお話ししたいと思います。

 

ただ、怪我といっても色々なものがありますよね。

 

顔の怪我、指の怪我、やけど、そして骨折なども怪我の一つです。

 

 

今日お話しするのにわかりやすいように

 

顔の怪我か、手足の怪我か、やけどか

でお話しします。

 

 

まず顔の怪我は、形成外科に行くのが一番です。

 

ただ、問題として形成外科医師は非常に少ないです。

 

夜間などの救急外来などでは、形成外科医師が常にいるなんて事はほとんどありません。

 

その場合は救急の先生に診てもらうことになります。

 

「救急の先生で大丈夫?」

 

 

そんな心配もよく聞かれます。

 

でも最近の救急の若い先生は丁寧に処置してくださる先生が増えました。

 

形成外科がいない地域だと、耳鼻科や整形外科が顔の怪我を診るところもありますね。

 

 

 

 

さて手足の怪我ですが、基本は整形外科です。

 

地域や病院によっては形成外科が治療にあたることもあります。

 

自分も手の怪我などを毎日のように診ていた時もありましたので、今もクリニックに手足の怪我が来ても心配は全くありません。

 

 

 

最後にやけどです。

 

これは形成外科が良いと思います。

 

自分が形成外科だからということもありますし、もちろん皮膚科の先生でもやけどを見られる先生は沢山います。

 

でも、基本的には形成外科をお勧めします。

 

たとえば、日本熱傷学会という学会があります。

熱傷専門医という資格がありますが、ほとんどが、形成外科医師か救急科医師です。

 

実は皮膚科の先生はほとんどいないのは驚きです。

 

 

もしそこでヤケドの治療に不安があったら、形成外科医師にかかる事をオススメします。

 

 

関連ブログ

やけどの初期治療 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1455

怪我の初期治療 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1443

出血を止める方法 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1498

湿潤療法 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/429

ハイドロコロイド製剤について https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1539

https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1505″

やけどの処置 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2182

フィブラストスプレーについて https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2275

傷と創の違い https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1422

傷跡のケア https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1852

低温熱傷 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/501

怪我をしたら何科にかかるか? https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1476

擦り傷の治療について https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2186

バイオイル について https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1872

 

 

 

当院は完全予約制ですが、

怪我ややけどなどの緊急の患者さんの診察は可能です

その際は必ずお電話でご連絡ください

なお、混雑状況によってはお待たせする場合もございます

ご了承いただければ幸いです