擦り傷の処置 | きずときずあとのクリニック 豊洲院 | 東京都江東区の形成外科・美容外科

ブログ

擦り傷の処置

2018.10.10

擦り傷って日常的に非常に多い怪我ですよね

 

当院もたくさんの擦り傷の方が毎日こられています

ですので本日は擦り傷の処置についてお話します

 

擦り傷の処置は基本的には

フィブラストスプレーと、

ハイドロコロイド、つまり「キズパワーパッド」

を使って治療をしていきます

 

まずフィブラストスプレーなんですけども、

フィブラストスプレーには

傷を治す成分と、

傷跡を綺麗にする成分

この二つが入っています。

 

日本一になりました

 

 

 

そしてハイドロコロイド

これは「キズパワーパット」という名前でよく知られていますよね

湿潤療法の代名詞みたいなものです

 

ここではキズパワーパットと言いますね

 

キズパワーパットってなに?

 

 

 

具体的な処置の仕方を説明します

 

一日一回処置を行ってください

 

まずシャワーなどで良く傷を洗ってください

泡をたくさんつけて、

優しく軽く擦るような形で洗っていってください

 

 

で、良く水で流した後、

綺麗なタオルなどで拭いてください

 

 

そのあとフィブラストスプレーをかけてください

これには傷を治す成分がたくさん含まれています

ですので、これを傷に吹きかけてください

 

かける目安としては大体、傷がしっとりするまでかけてください

5×5センチに5プッシュと

お薬の使い方には書いてありますので、それも目安にしてください

 

ただ、結構この目安でいくと多めになります

結構ビチャビチャになってしまいますので、

そんなにかけなくてもいい場合もあります

ですのでしっとりする程度でとお話ししています

 

その後必ず30秒待ってください

 

 

そしてキズパワーパットですね、

キズパワーパッドを傷に貼ってください

 

注意して欲しいのですが、結構最初の頃はたくさん汁が出ます

傷が治っていくときには

「滲出液」

が傷から出ています

 

ハイドロコロイドは浸出液を閉じ込めます

ただ最初の頃は浸出液がかなり多いので、

すぐに貼ったハイドロコロイドから漏れてきます

 

ですが、ちょっと漏れたからすぐに交換しなくても構いません

ただ、ぐちゃぐちゃになってしまってもう剥がれちゃっているとか

あんまりにも漏れている汁が多くて仕方がない場合

 

 

そういう場合は再度交換してもらってもかまいません

一回剥がして軽くお水で流して

そしてもう一回キズパワーパッドを貼ってください

 

ただし、そこまで浸出液が無ければ、

 

漏れてくる汁を拭いてもらったりとか、

上に他にタオルとかガーゼを貼ってもらって

 

出てくる滲出液を吸ってもらうような形でも全然構いません

 

この処置を一日一回最低はやってください

 

フィブラストスプレーは一日一回で構いません。

それを続けていけば、大体の擦り傷は1週間から2週間位で治ってきます

 

これが当院での擦り傷の処置方法になります

 

 

正直なところ、びっくりするくらい早く綺麗に治ります

擦り傷を早く治したいという方は是非お試しください

 

 

 

 

 

当院は完全予約制ですが、

怪我ややけどなどの緊急の患者さんの診察は可能です

その際は必ずお電話でご連絡ください

 

なお、混雑状況によってはお待たせする場合もございます

ご了承いただければ幸いです

 

 

 

関連ブログ

やけどの初期治療 https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1455

怪我の初期治療  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1443

出血を止める方法  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1498

湿潤療法  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/429

ハイドロコロイド製剤について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1539

https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1505

やけどの処置  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2182

フィブラストスプレーについて  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2275

傷と創の違い  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1422

傷跡のケア https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1852

低温熱傷  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/501

怪我をしたら何科にかかるか?  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1476

擦り傷の治療について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/2186

バイオイル について  https://kizu-clinic.com/blog/uncategorized/1872

 

 

 

 

記事執筆者

院長村松英之
きずときずあとのクリニック豊洲院院長 村松英之

資格

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
小児形成外科分野指導医